着手金円、成功報酬%で創業融資をサポートいたします

yushi.png いざ創業しようと思った場合、まず必要なのが資金です。
でも、それを自己資金だけで賄おうとするには、相当の期間が必要ですし、ビジネスチャンスを逃さないためにも決して得策ではありません。

もしこのページをお読みの方の中に「借金は良くないもの」とお思いの方がいらっしゃいましたら、「借入をすることは時間を買うこと」と考え方・味方を変えていただいて、1日も早く起業されることをお薦めいたします。

そこで、浜松会社設立サポートセンターでは、設立と同時に創業融資のお手伝いをいたします。

創業融資がお薦めな訳


「でも、そんなに簡単にお金は借りられるのか?」とお思いの方もいらっしゃると思いますが、創業融資は国の政策として創業経営者をバックアップするための制度であり、実際に事業を始めてから融資を受けるのに比べますと、相当借りやすい(優遇されている)と言えるでしょう。

浜松会社設立サポートセンターが利用するのは、主に 
  • 日本政策金融公庫の「新創業融資」
  • 日本政策金融公庫の「中小企業経営力強化資金」
  • 地元金融機関の創業者向け融資制度
です。

創業融資を受けるメリット


これから起業する方が創業融資を受けるメリットは具体的には何があるのか?ですが、
  1. 創業融資は起業家向けの融資のため、まだ実績がなくても大丈夫ということ
  2. 一般的な融資に比べて金利が著しく安いこと
  3. 無担保・無保証で借入できること
が挙げれます。

中でも、1の「事業の実績がなくても大丈夫」というのは創業融資の最大のメリットで、通常、融資を受ける場合は、過去の実績(決算書の中身等)で判断されますが、こと「創業融資」については、未だ事業が立ち上がっていない訳ですから、作成した事業計画書と経営者の経歴や人物像、やる気といった「可能性」でお金を借りることが可能となるのです。


Q:実際に創業して、お金が足らなくなってからでは遅いのですか?


創業予定の方から良く尋ねられるのが、「実際に創業して、お金が足らなくなってから融資を受けるのでは遅いのですか?」という内容なのですが、私どもでは「創業してからお金が足らなくなる可能性が万が一にもあるのなら、創業前に借りて下さい」と強く提案しております。

なぜなら、創業してから借りる場合、以下のようなデメリットがあるからなのです。
  • 創業後の申請は当初の事業計画が甘かったと判断され、融資が受けにくくなる
  • 創業後の申請は、既に「実績」が出ているため、実績で判断されてしまう
  • 仮に融資審査に落ちてしまうと、その後半年間は融資を受けられなくなる
ということになるからなのです。

ですから、もしこれから創業をお考えの経営者の方は、是非創業する前に 創業融資を受けることをお勧めします。

浜松会社設立サポートセンターは着手金円、成功報酬
で創業融資をサポートいたします。
相談は無料ですので、お気軽にご相談下さい。


会社設立の無料相談はこちらへ